BLOG

日々の出来事を紹介

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 独身女子が婚活を頑張り続けても上手くいかず疲れてしまう理由

独身女子が婚活を頑張り続けても上手くいかず疲れてしまう理由

「こんなにも必死に婚活しているのに全然報われる兆しがなくて凹んでしまう」

そんなお悩みのご相談はとても多いです。

なぜそのような状況になってしまうのでしょうか?

結婚出来る可能性を広げるために必要なことは何なのでしょうか?

婚活に疲れてしまう理由

①婚活は先の見えないトンネルだから

婚活は先が見えないトンネルを駆け抜けていくようなものです。

そのトンネルの先(=結婚)がすぐ来るのか、かなり先になるのかは読めません。

そうなんですよね、ゴールが見えていないからこそ婚活はしんどいのです。

ですが、これは婚活者の誰しもが同じ状況で、現在は既婚者の人も独身のときは同じ状況だったのです。

だからこそ、いかにモチベーション高く婚活出来るかどうかが重要になります。

 

②婚活は闇雲にやると辛いから

「婚活はただ闇雲にやればいい」というものではありませんのでご注意ください!

何かを軸にして婚活していない限りは、基準がないまま婚活を進めることになってしまいます。

結婚したいけど何となく婚活していると、誰に会っても「何か違う、しっくり来ない」の繰り返しになり、ご縁を逃してばかりの連続になります。

 

③なぜ結婚したいのか自分でも分からないから

 婚活に疲れてしまう人の特徴として、「そもそもなぜ結婚したいのか自分でも謎」という傾向が高いです。

・結婚してどんな人生を送りたいか考えがない

・譲れない条件の整理が出来ていない

・条件のみで相手を判断している

・誰かに幸せを貰おうとしている

などなど…相手に求めている条件が求める結婚生活とリンクしていないことがしばしば。

周りからの目や評価ではなく、「本当に自分が大切にしたいこと」と向き合う必要があります。

誰のために何のために結婚したいですか?

結婚出来る可能性を広げるためには

①他力本願をやめる

「今の生活が物足りないから結婚したい」・「誰かに幸せにしてもらうために結婚したい」

そんな風に思いながら結婚している人はいませんか?

日々の不快感や不足感を埋めるために結婚するものではありません。

その気持ちだけで結婚してしまうと結婚後に「こんなはずじゃなかった」の連続になります。

 

②「結婚=日常」だということを知る

結婚はして終わりではありません。そこからがスタートです。

結婚とは家族になることであり、結婚後もたくさんの試練や課題があります。

条件や表面上だけではなく、二人で歩み寄りながら話し合えるかどうかが大切になります。

何か引っ掛かったときに歩み寄る関係性が作っていくことができればとっても幸せです。

 

③人と比べないこと

周りの友人や環境と比べることで凹んだり落ち込んだりする人は多いです。

「結婚」というレッテル欲しさに焦って結婚するのはどうなのでしょうか…

人は人、自分は自分です。

比べてしまうから「あの子の旦那より高収入な人を探そう」とか、「友達の旦那より若い人を捕まえよう」とかマウントを取ろうとするのです。

人のために結婚するわけではないですよね?

 

まとめ

自分の人生は自分で責任を取り、まずは今の人生が幸せだと思うことが何よりも大切になります。

「幸せにしてくれない」・「何も与えてもらってないんだけど」と相手にばかり押し付けるのではなく、

「自分は相手のために何かを与えられているのか」・「相手とどんな幸せを築いていきたいのか」

考えてみるといいと思いますよ☆

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択